特別なことじゃないけど、地球に「いいこと」


肩ひじを張らないで、“GOOD THING project”で地球に「いいこと」始めよう!!

そしたらきっと、社会貢献もボランティア活動も、“GOOD THING”「いいこと」だけど特別なことではなくなるはず!!

  


 私たち日本人は、社会貢献やらボランティア活動と聞くとどうも肩ひじを張ってしまう。

 とてもすごいことをしなければならない。

 無償で何か社会に役立つことをしなければならない。

と、こんな感じ。

 でも社会貢献やボランティア活動なんて、日本社会にありふれている。町内会、PTA、小学校の学級委員だけじゃない、当番制の飼育係や水やり係、掃除当番…でも本当は、友達の話を聞くだけでもきっと相手の社会に貢献している。

 社会貢献やボランティア活動?そんな特別なことじゃない!!


自分にとって「大したことではない」ことが、実は社会や人に対して“GOOD THING”「いいこと」になる。

だから皆、「大したことではない」ことをやってみよう!!

 

 GOOD THING project は、各々の使えそうだが要らないものを集めて、それを必要としている人に販売し、その収入をNGO等の所謂「ボランティア」団体に寄付する。使わなくなったものを人にあげることも、必要なものを買うことも、よくある「大したことのない」光景…

けれど「大したことではない」ことの積み重ねが、社会や人への“GOOD THING”「いいこと」となっていく。


肩ひじを張らないで、“GOOD THING project”で地球に「いいこと」始めよう!!

そしたらきっと、社会貢献もボランティア活動も、“GOOD THING”「いいこと」だけど特別なことではなくなるはず!!